スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
神様のカルテ 2
第2弾です。
「24時間、365日対応」の病院の内科医として日々忙殺されている一止と彼の周りの人たちによって起こされた「奇蹟」のお話です。
病院のお話だけど医療のお話というわけではなくて、人間と人間のお話なのです。
ていうと重いかなーと思っちゃうとこですが、コミカルで大真面目で愛すべきキャラクターが沢山出てきます。
不思議な味わいがあります。
| comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://kuneko.jugem.jp/trackback/877
Trackbacks
医師の話ではない。人間の話をしているのだ。 栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家の妻・ハルの献身的な支えや、頼りになる同僚、下宿先「御嶽荘」の愉快な住人たちに力をもらい、日々を乗り切っている。
| 粋な提案 | 2014/09/12 2:56 PM
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Recent trackback
Search this site :