スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ひそやかな花園
評価:
角田 光代
毎日新聞社
¥ 1,575

夏休みになると家族で行く別荘。そこには同じくらいの歳の子供達がいて、毎年会うのを楽しみにしていた。ところがある年を境に別荘には行かなくなり、何年か経ってから母に聞いてみたところそんな別荘に行ったことはない、と言われ・・・・
その別荘に集まっていた家族はどんな関係だったのか、なぜ集まらなくなったのか・・・子供達の心に少しずつ影響を与えたその別荘での出来事。大人になって再会した子供達は・・・

というですね、もう物語の始まりからぐぐっと引き込まれる展開でしてね。
メインに来るお話は、私もとても考えさせられるところがありました。


あとはキャラがすごいのよねぇ。サーちゃんというマイナス思考で自分では何もやらないくせに人を責めていくような生き方の子がまるで主人公のように始まりと終わりを押さえているんだけど、中盤のほかの人目線のあたりでは影は薄いわひたすら嫌な子だわで・・・でも、最後にまた浮き上がって来るんだよなぁ。
この子を大事に書いたんだろうな。

| comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://kuneko.jugem.jp/trackback/860
Trackbacks
幼い頃、毎年サマーキャンプで一緒に過ごしていた7人。 輝く夏の思い出は誰にとっても大切な記憶だった。 しかし、いつしか彼らは疑問を抱くようになる。 「あの集まりはいったい何だったのか?」 別々の...
| 粋な提案 | 2013/07/19 3:26 PM
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Recent trackback
Search this site :