スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
新参者
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,680

2009年度のこのミス1位でしたよね?確か。


ある事件を中心に、おなじみ加賀刑事が様々な謎を解いていくお話です。
短編風になっている長編です、ね?

一つ一つが胸が熱くなるようなあたたかいお話で、事件そのものに段々近づいていくわけなんだけど、もう、そんなことどうでもよくなっちゃうんだよなぁ。
人情の町ならではのお話です。

大事なものは大事だとその場で言えれば、それが一番です。

| comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackbacks
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Recent trackback
Search this site :