スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
クレィドゥ・ザ・スカイ
完結編。

で、結局、この巻の主人公は、誰なんでしょうか?
僕で語られるのはいつものことなんですが、彼が誰なのか明確にされないので、わからない。
クリタ?と思いきや、カンナミ・・・ではあるけど、中身はクサナギ?
それは全て同一の人物?

ほんの少し、スカイクロラでの謎が解けたような気もするけど、結局のところは曖昧なまま。

キルドレという人間に記憶障害があるということもあるし・・・
あまり気にしない方がいいんでしょうけど(どうせ分からないから)、なかなかそういうわけにもいかないよなぁ。

結局、この後、「スカイ・クロラ」に戻るんですね。
「スカイ・クロラ」はシリーズ1冊目で良かったわけです。
最後を最初に読まされて、過去が繋がっていく・・・。
| comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
こんにちは、YO-SHIといいます。読書ブログやっています。

この本を読み終わったところです。
この巻の主人公は誰なんでしょうね?ホントに。

どうせ分からない、というのはその通りですね。
夢と現実があいまいだし、常識がどこまで通じるかも分からない。
きっと、著者は読者にナゾナゾを出したつもりなんじゃないでしょうか?
あれこれ考えるのも楽しいよ、って。
 
Posted by YO-SHI | 2008/09/19 3:01 PM

YO-SHIさま
こんばんはー。

本当に誰なんでしょうね?この「僕」は。
森さんが読者にナゾナゾを出しているんだといいんですけど。
このくらい分からないようなアホチンは読む資格なし!とか思ってないですよね・・・

なんでかちょっとイジケ気味なんです。森さんに関しては(笑
Posted by くねこ | 2008/09/19 10:29 PM

Post a Comment










Trackback URL
http://kuneko.jugem.jp/trackback/340
Trackbacks
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Recent trackback
Search this site :