スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
いっちばん
しゃばけシリーズの・・・第何弾でしたっけ。

鳴家の可愛さばっかり強調されてきてちょっと辟易してたんですが、この本は人間模様に戻ってきた感じで結構好きです。
私は栄吉のお話が好きだなー。
何かを目指し続けることも一つの才能。
頑張れ栄吉!

そして、若旦那に商売のための勉強を教えようとする仁吉と佐助。お!意外なことをし始めましたな!
合ってても間違ってても甘いんですけどね。

優しいお話です。
| comments(4) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
こんばんは。
前回は、「こころげそう」のトラックバック、ありがとうございました(遅っ!汗)。
シリーズの、第七弾でしたよ。
記事の、
合ってても間違ってても甘いんですけどね。
に、思わず笑って、うなづいちゃいました。

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 | 2008/09/05 4:00 AM

まだ読んでいませんが、
初めて栄吉の顔がイラストに出てきましたね。
人間模様あってのしゃばけシリーズですので、
戻ってきたのは嬉しいですねー。
読むのが楽しみです♪
Posted by へいこ | 2008/09/05 12:18 PM

藍色さま
こんばんはー。
もう、第7弾なんですね。ドラマ化第2弾もあるとか聞きましたけど。

この人の描き出す世界ってのは本当に優しくてホッとします。

トラックバックさせていただきましたー。
Posted by くねこ | 2008/09/06 12:44 AM

へいこさま
ホントだ!栄吉が表紙に!
いやー、借り物なのでカバー外して表紙見るような事しないもので。なは。

早く読んでくださいまし(笑
Posted by くねこ | 2008/09/06 12:47 AM

Post a Comment










Trackback URL
http://kuneko.jugem.jp/trackback/328
Trackbacks
いっちばん(2008/07)畠中 恵商品詳細を見る 装画・挿画は柴田ゆう。装幀は新潮社装幀室。「しゃばけ」シリーズ第七弾です。 今回も長崎屋の病弱...
| 粋な提案 | 2008/09/05 3:43 AM
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Recent trackback
Search this site :