スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
納涼茂山狂言祭【1日目】

納涼茂山狂言祭【1日目】

国立能楽堂

2012年8月25日
14時開演


お話
茂山宗彦

太刀奪
太郎冠者:茂山正邦
主:丸石やすし
道通り人:茂山千三郎

胸突
男:茂山宗彦
貸し手:茂山七五三

花子
夫:茂山逸平
女房:茂山あきら
太郎冠者:茂山童司


納涼1公演減っちゃいました。
だったら1日にまとめて欲しい・・・


お話
斬新でしたねぇ!落語風の解説!これいいなぁ。
また是非やってほしい。
宗彦さんのお話は楽しい。


太刀奪
お出かけ中の主人と太郎冠者は通りすがりの男の太刀を奪おうとしますが、逆に脅されて自分達の太刀を取られてしまいます。
二人は男を待ち伏せして太刀を取り返そうとしますが、縄で捕まえようというと太郎冠者は縄をないはじめ・・・

太刀を奪おうとするのは、言い出すのもやらかすのも太郎冠者です。
あっさりと主人の太刀も奪われ、捕まえようとするとこれまたトンチンカンな行動に出るおとぼけ具合が笑えます。
なんてアホな太郎冠者・・・。


胸突
私が初めて見た狂言会はこの演目でやはり宗彦さんだったんだよなぁ。と思い出しながら。
なかなかかからない曲なので、まだ2回目。

お金を返さない男のところに貸し手が取り立てに行き、もめていると男が急に「胸を打たれた!人殺し〜!」と騒ぎ出し、困った貸し手は借金帳消し証文の破り捨てるのでした・・。

宗彦さんの「してやったり」の悪い顔が印象的です。ていうかやりすぎでしょう!とは思うけど、面白いのでこれはこれで。
しかし、貸し手もいい加減うんざりしていて「ハイハイ」と借金帳消しにしている感じもある。


花子
逸平さんの花子です。披きを見に京都に行こうと画策していたら東京でも発表されたため東京のみ。
期待を裏切らないだろう、という予想に違わず安定した花子でした。

男は愛する花子に会いに行きたいのですが、妻が恐ろしくて出かけられません。
なんとか一晩だけ座禅をすることを許されて、念のため太郎冠者に座禅衾をかぶせて出かけていきます。
様子を見に来た妻は太郎冠者が身代わりになっていることを知り激怒。自分が太郎冠者の代わりに座禅衾をかぶります。そこへ男が浮かれて帰宅しますが・・・!

花子と逢瀬を楽しんで帰って来る時に、夢見心地で謡いまくるのでとても難しい狂言なのだそうです。
逸平さんのは、なんというか、まさに本人の年代そのものという男気溢れてました。
色気はあんまりなかったかなーあ。

童司くんの太郎冠者がまた良かったのです。
妻に詰め寄られたらもう即話しちゃうし「花子さまに会いに行かれました!」。
なかなかいい味が出ています。


いやー、楽しかった。
16時半ぐらいから飲み始め、相当飲みました。ごめんなさい。
数日後にレシート見てビックリしました。

能狂言 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://kuneko.jugem.jp/trackback/1132
Trackbacks
Recent Entries
Categories
Recent Comments
Recent trackback
Search this site :